日増しにふえていく頭の悩み・・・

年齢とともに気になる薄毛

年齢が高まってくると今まで他人事だった出来事が自分の身にも同じように降りかかってくることがあります。
その1つに「薄毛の悩み」があります。若い頃は代謝も良く、ホルモンバランスも良いことから「薄毛に悩む」という人はほとんどいなかったと思います。しかし、年齢が高まるにつれて、最近髪の毛のボリュームが減ってきたかな?と気にし始めている人は多くおられます。

特に、お風呂上がりに髪の毛をセットしているとボリュームが減ったことに気づいたという人の割合は多く、気になって自分自身の頭部を始めて見た時に驚愕したというケースも多々あります。

このように、普段から正面の姿を目にする機会は多々ありますが、自分自身の頭頂部や側頭部という見えづらい部分において、薄毛が進行している場合が多いため意外と周囲の人こそが、薄毛に気づいているという場合があるようです。

抜け毛が気になって増えていくタバコの本数

気になることや悩みが増えるとどうしてもストレスが溜まります。
私の場合、お酒とタバコがやめられないため抜け毛を気にするようになってからは、2日で1箱を吸い終わっていたのですが抜け毛がきになるようになって以来、1日で2箱を吸う日があるなど、私生活の乱れが同時進行をしていきました。

タバコは体の中に有害物質を取り入れるほか、細胞にも悪影響を与えるものです。血管が細くなったりすることで、栄養満点の血液が体の隅々に巡らないなるなど健康被害も今は大丈夫でも何十年後かには高い確率で発症するものもあります。

また、タバコに含まれているニコチンには血行を悪化させる要素があると言われているため、血行不良による頭皮環境に悪影響を及ぼし、健全な髪の毛をの育毛の妨げになることがあります。

タバコをやめて抜け毛がストップ

これまで、悪循環の中で生活をしていた私は、タバコの本数は増えていくばかりでした。
しかし、このままではいけないと気づいた私はこれまで執着していたタバコをやめる禁煙宣言を妻にすることとしました。

その結果、体の中に慢性的にあったニコチンがなくなり、タバコによる血管の収縮や血行不良が改善されたことで顔色が良くなったと周囲から言われるようになりました。そして、肝心の抜け毛においても頭皮環境が改善され、抜け毛がストップするなどタバコをやめた効果をひしひしと感じています。

髪の毛があるないというのは、実年齢よりも老けて見せる場合があり健康で若々しくいたいという思いの反対の効果をもたらしてしまいます。
抜毛が気になっている人の中には、生活習慣が髪の発毛に良くないことが隠れているかもしれませんので、ぜひ一度ご自身の生活習慣を振り返り、抜け毛の改善につなげていただければと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です